初節句 お祝い ひな人形

 女の赤ちゃんが三月三日に初めて迎える初節句(上巳の節句(じょうしのせっく。桃の節句)に健やかな成長をお祝いして雛人形(ひな人形)を贈る習わしがあります。

もともとは、母方の実家から初節句のお祝いに女の子には雛人形(ひな人形)を贈るのが習わしでしたが、現在では両家で話し合ってそれぞれから贈り物をするように分担を決めたりするようになってきました。

雛人形(ひな人形)は早い時期から飾り、3月3日が過ぎたらすぐに片付ける方が良いと言われている地方があります。ギリギリに贈るのはさけましょう。

お雛様(おひな様)は女の子にとって一生の宝物。
長く大切に持っていられる雛人形(ひな人形)を贈りたいものですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。