中国の大気汚染物質が日本に飛散! 医療用マスクで対策を

中国で車の排ガスや工場の排煙などに含まれる直径2・5マイクロメートル以下の超微粒子物質「PM2・5」による大気汚染が深刻化しています。

その大気汚染物質(超微粒子「PM2・5」)が西からの風で日本に運ばれ、近畿や九州はじめ日本各地に影響を及ぼしている可能性が出てきました。

日本各地で大気汚染物質が環境基準を超えて観測されており、呼吸器などに疾患のある人は注意が必要と専門家が呼びかけています。

大気汚染物質(超微粒子「PM2・5」)は、粒子が小さく気管を通りやすいため肺の奥にまで入り、肺がんやぜんそく、気管支炎などの増加につながると指摘されています。

専門家は中国から飛散する大気汚染粒子(有害物質)は、呼吸器や循環器系の疾患がある人は注意が必要で、市販のマスクでは超微粒子物質PM2・5の粒子が素通りしてしまうので、医療用のマスクを用いるなどの対策が有効と指摘しています。

これからの季節はスギ花粉も飛散しますが、スギ花粉の大きさが30マイクロメートルに対して、中国の大気汚染物質は2.5マイクロメートルとスギ花粉より遥かに小さいです。

花粉は季節で飛散しますが、中国の大気汚染物質は排ガスや工場の排煙ですから年間通して飛んでくる可能性があります。大変な事態だと思います。
子供や老人はもとより外出の時は医療用のマスクを付けて防衛しないといけませんね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。