中国の大気汚染に含まれる超微粒子物質「PM2.5」は防塵マスクで防ぐ

中国で排ガスや工場の排煙よる大気汚染が深刻化していますが、
大気汚染に含まれる超微粒子物質「PM2.5」が西からの風で日本に運ばれ、
九州や近畿、北海道まで飛散してることが明らかになったとTVで放送していました。

中国大気汚染の超微粒子物質「PM2.5」は直径2.5マイクロメーターでスギ花粉(30マイクロメーター)の
1/12の大きさしかない微小な物資で、花粉予防のマスクではPM2.5が通り抜けてしまい役に立たないそうです。
超微粒子物質「PM2.5」は防塵マスクでないと防げないと言うことです。

これからの季節は花粉と中国大気汚染物質「超微粒子物質PM2.5」がくっついた悪玉花粉が飛散するので、子供や老人、呼吸器系疾患の人は特に注意が必要だそうです。

中国の大気汚染がすぐ改善される見込みは薄いでしょうから、
これからの日本は年間を通して外出する時は防塵マスクが、室内では空気清浄機が必需品になると思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。